リラックスできる香り

Drainage System

情緒的な香りに包まれて

日本人が昔から慣れ親しんでいる存在の畳は、見事に編まれたいぐさからなる床材です。植物から作られているため、その香りはどこか情緒的で、懐かしい気持ちになってリラックスさせてくれます。そんな香りのリラックス効果以外にも、音を吸収するために防音効果もありますし、抗菌作用や脱臭効果もあります。他にも木材の床と異なり、そのまま横になったり直接座るなどの行動も、足腰に負担がかからないため可能です。昔ながらの和室は近頃あまり人気がないと言われていますが、インテリアの工夫次第では、このようなメリットを生かして素敵な部屋にする方法もあります。たとえば背の高い家具を置くことを避ければ圧迫感から解放されますし、照明も落ち着いたデザインや明度を抑えたものにすれば、ぐっと雰囲気も出てきます。このように伝統的でメリットも多い畳を、うまく活用していきたいものです。

時代とともに新たなる活用方法

最近は日本でも畳の和室が減ってきているようですが、和室の床材としてだけではなく、他にもさまざまな活用方法があるようです。とくに近頃よく見聞きするのが、畳ベッド。畳の足腰に負担をかけないというメリットを利用し、ベッド素材に使われるようになっています。他にも原材料であるいぐさが、健康食品に用いられている場合などもあるようです。また床材としても、新たな進化をしています。フローリングの上に直接畳を置くというパターンや、ロール状にたためる畳なども出てきました。またデザインにも変化が出てきており、カラーバリエーションがあったり模様のあるものも登場しています。形状も正方形で縁のない琉球畳の人気が高くなっていて、このように時代の変化とともに、今後も畳は変化し続けていくことでしょう。